MENU

finjiaは医薬部外ではなくて化粧品って本当?効かないの?

finjiaは医薬部外ではなくて化粧品って本当?効かないの?

 

薬事法の定義によって育毛剤がどこに分類されるかでその育毛剤にどれぐらい効果が期待できるかの目安にしている人が結構多いと思います。実際に私もそうでした。

 

薬事法では医薬品などの品質や有効性や安全性を示すうえで医薬品・医薬部外品・化粧品という3つのグループに分けられています。

 

そして、薬局やネットで販売されている育毛剤ほとんどが医薬部外品として、厚生労働省から認可を受けているのに対して、フィンジアは化粧品に分類されるというのは本当のようです。

 

つまり、フィンジアは他の医薬部外品育毛剤よりも効果が期待できない可能性があるというわけです。そこで実際にフィンジアは他の育毛剤に比べて効果が期待できないのかについて調べてみました。

 

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いって何?

ヘアケア用品をはじめとしてスキンケア用品は、国の定める法律(薬事法)によって、その商品の品質や有効性、安全性をハッキリさせるために医薬品・医薬部外品・化粧品に分類して規制しています。

 

『医薬品』は治療を目的として使用するもので、厚生労働省から認められた成分が配合されている場合に医薬品に分類されます。

 

『医薬部外品』は予防や改善を目的として使用するもので、人体に対して緩やかな効果が期待できる成分が配合されており、厚生労働省が認可している場合に医薬部外品に分類される。

 

『化粧品』は状態を維持や健やかにする目的で使用するもので、人体に対しての影響は更に緩やかなものが分類されます。

 

つまり、上記の内容から考えると育毛効果が期待できる順番に並べると医薬品>医薬部外品>化粧品となることが分かります。

 

という事は、化粧品に分類されるフィンジアよりも他の医薬品や医薬部外品育毛剤の方が効果があるのでは・・・と思いますよね?でも、決してフィンジアよりも他の医薬品や医薬部外品育毛剤の方が効果があるというわけではないみたいです。

 

キャピキシルを配合すると医薬部外品として販売できない

実は医薬品や医薬部外品として商品を販売する為には、配合することが出来ない成分があるのです。

 

仮に、それが効果の期待できる成分だったとしても、厚生労働省が有効成分として認めていなければ、その育毛剤は医薬品や医薬部外品に分類されることはありません。

 

そして、実はその厚生労働省が有効成分として効果を認めていない成分というのがキャピキシルなのです。

 

キャピキシルは開発されてまだ間もない成分の為、厚生労働省としても目新しい成分をすぐに有効成分として認めることは難しいようなのです。

 

フィンジアはあえて化粧品として販売している

口コミの中にはフィンジアが化粧品だから効果がないと言っている人も多いですが、そういった人たちは成分などをしっかりと分析していないと思います。

 

というのも、フィンジアには医薬部外品に配合されている有効成分であるグリチルリチン、センブリエキス等が配合されています。

 

又、フィンジアの製造メーカーである株式会社ユーピーエスにはフィンジアよりも前から販売しているプランテルという育毛剤があります。(この記事の一番上の画像)

 

そして、そのプランテルという育毛剤は医薬部外品育毛剤として販売しています。つまり、株式会社ユーピーエスは医薬部外品育毛剤を製造するノウハウはあるのに、フィンジアを医薬部外品として販売しなかったのは、どうしてもキャピキシルを配合したかったからだということが分かります。

 

医薬部外品に配合されている有効成分を配合しながらも、キャピキシルを配合する為にあえて化粧品として販売しているフィンジアが医薬部外品育毛剤よりも効果がないとは言い切れないと思います。

 

なので、私もはじめはフィンジアが医薬部外品ではなく、化粧品だという事を知った時は効果がないのではと不安になりました。でも、しっかりと調べてみると決して効果がないというわけではないことが分かりましたし、実際に私も1年半とかなり時間はかかりましたがフィンジアを使用して薄毛を改善することが出来ました。