MENU

キャピキシル育毛剤のDeeper3Dとフィンジアを徹底比較

キャピキシル育毛剤のDeeper3Dとフィンジアを徹底比較

人気スカルプケアシャンプーのモンゴ流シャンプーを販売する株式会社アルファウェイから販売されているDeeper3D(ディーパー3D)。最近ではキャピキシルがかなり注目を集めておりキャピキシル成分を配合している育毛剤も増えてきています。

 

しかし、このキャピキシル成分をはじめに配合した育毛剤というのがDeeper3Dで、正しくキャピキシル育毛剤のパイオニア的な存在です。

 

パイオニアというのは一見有利に見えるのですが、育毛業界に至ってはそうではないことが多いです。なぜかというと、キャピキシル育毛剤の開発をする際にDeeper3Dの価格や成分、保証期間などを参考にしてそれよりもいい育毛剤を作ろうと企業努力をするからです。

 

キャピキシル育毛剤を購入しようか悩んでいる人の中にはフィンジアとDeeper3Dのどちらを購入するかで迷っている人もいると思うます。そこで、フィンジアとDeeper3Dの成分や価格、保証など様々な観点で比較してみました。

 

基本スペック/商品名

Deeper3D

フィンジア

公式サイト

内容量 60ml 50ml
単品価格

/1ml当たり

14,100円/227円 12,800円/256円
定期コース価格 13,360円 9,980円
主成分 キャピキシル、リデンシル、成長因子、モンゴロイド3大伝承成分 キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン
サプリの有無
副作用

キャピキシル育毛剤のDeeper3Dとフィンジアを徹底比較

副作用の心配なし!

キャピキシル育毛剤のDeeper3Dとフィンジアを徹底比較

副作用の心配なし!

返金保障

14日間

キャピキシル育毛剤のDeeper3Dとフィンジアを徹底比較

30日間

 

成分:配合されている成分については優劣の判断が難しい

まず初めにDeeper3Dとフィンジアに配合されている成分について比較していきます。フィンジアの主成分はキャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシンの3成分がメインとして配合されていますがそれ以外の成分については他の育毛剤でも配合されている成分ばかりなのです。

 

一方、Deeper3Dについては主成分としてキャピキシル、リデンシル、8種の成長因子、モンゴロイド3大伝承成分が配合されているうえにトウガラシエキスとしてカプサイシンも配合されています。つまりフィンジアとDeeper3Dの差を見極めるうえで重要になってくるのがピディオキシジルが良いのかリデンシル、8種の成長因子、モンゴロイド3大伝承成分が良いのかで比較する必要があります。

 

まず、ピディオキシジルについてはピディオキシジルの育毛効果でも解説しているとおり、かなり期待が出来る成分であることは間違いありません。問題はDeeper3Dに配合されているリデンシル、8種の成長因子、モンゴロイド3大伝承成分にどれほど育毛効果に期待が出来るかという点です。

 

リデンシルとはスイスの化粧品メーカーが開発した育毛成分で毛乳頭細胞の活性化と脱毛の抑制効果があります。この成分もピディオキシジルと同じく開発されて間もない成分であまり知られていません。ただ、知名度から言うとピディオキシジルの方が効果が期待できると個人的には思います。

 

Deeper3Dはそれ以外にも8種の成長因子(人オリゴペプチド5、合成遺伝子組替ヒトポリペプチド31、プラセンタエキス、オクタペプチド2、アセチルデカペプチド3、ヒトオリゴペプチド13、加水分解アナツバメ巣エキス、水溶性プロテオグリカン)やモンゴロイド3大伝承成分(イラクサ、ユッカ、シーバックソーン)など、Deeper3Dにしか配合されていない育毛成分が数多く配合されており、リデンシルはピディオキシジルに効果は劣るもののそれ以外の成分も数多く配合されているので配合されている成分に期待できる育毛効果という点ではドローという事にしておきます。

 

〇フィンジア−Deeper3D〇

 

濃度:キャピキシル濃度はどちらも5%

フィンジアとDeeper3Dの最も代表的な成分がキャピキシルですが、その成分濃度はどちらも5%です。これはキャピキシルの開発メーカーが推奨している最高濃度で、この点についてはどちらも大差はありません。

 

キャピキシル以外の成分で言うとフィンジアにはピディオキシジル、Deeper3Dにはリデンシルが配合されています。フィンジアのピディオキシジルについては配合濃度は2%、Deeper3Dのリデンシルの配合濃度は5%となっています。ただ、リデンシルという成分が全然メジャーな成分ではないので、メジャーではない成分が高濃度で配合しているからと言って優勢というのは少し違うかなと思います。

 

ということで、成分濃度の比較については引き分けとしたいと思います。

 

〇フィンジア−Deeper3D〇

 

副作用:どちらも副作用の心配はない

フィンジアとDeeper3Dはキャピキシル育毛剤という同じジャンルに分類されますが、配合されている成分は全然違います。まず、キャピキシルについてはキャピキシルの効果と副作用のページで紹介した通り、良くミノキシジルと比較される成分ですが副作用の心配は一切ありません。

 

次に、キャピキシル以外の成分の副作用についてですがフィンジア・Deeper3D共に副作用を起こす可能性がある成分は配合されておらず、安全性の高い育毛剤だと言えます。ということで、副作用についても引き分けと言えるでしょう。

 

◎フィンジア−Deeper3D◎

 

費用:コスパが良いのは断然フィンジア

続いては価格についてフィンジアとDeeper3Dを比較します。まず、フィンジアについては1本単品で購入する場合に12,800円、定期コースで購入すると9,980円です。一方、Deeper3Dについては1本単品購入の場合には14,100円、定期コースで購入した場合には購入回数によって金額が変わってきます。

 

Deeper3Dの定期コースで購入した場合に1〜2本目は13,360円、3〜4本目は11,880円、5〜8本目までは11,130円、9本目以上は10,390円という複雑な価格設定になっています。ただ、9本目以上の最安値で購入出来る金額でもフィンジアよりも高い価格設定になっているのでコスパは断然フィンジアが良いですね。

 

△フィンジア−Deeper3D×

 

保証制度:フィンジアの方が保証制度が圧倒的に優れている

フィンジアとDeeper3Dの全額返金保証制度について比較します。まず、フィンジアについては30日間の全額返金保証がついているのですが、これは特に優れた保証制度というわけではなくごくごく一般的な全額返金保証です。一方、Deeper3Dの全額返金保証制度は保証制度の中でもかなり劣っている保証制度です。

 

まず初めに、Deeper3Dの保証期間は14日間。保証の対象品についてですが、フィンジアをはじめとしたほとんどの育毛剤は商品を使い切った後でも保証期間内であれば全額返金保証を受けられるのに対して、Deeper3Dは商品に付属しているお試し用しか使うことが出来ません。

 

仮にお試し品ではなく間違って商品本体を使用してしまったら、例え返金保証期間内でも返金保証を受けることは出来ないです。という事で返金保証期間は短いし、商品本体そのものが全額返金保証の対象ではないDeeper3Dに比べると圧倒的にフィンジアの方が保証制度が優れています。

 

△フィンジア−Deeper3D×

 

総合:育毛剤の品質としては互角だがコスパや保証でフィンジアが良い

最後にフィンジアとDeeper3Dの成分・濃度や副作用、コストや保証などを総合的に比較して締めくくりたいと思います。

 

まず、育毛剤という点では配合されている成分の種類はは違えど、その成分の効果の期待度は共に高いので成分だけでは効果の判断はつけられません。また、副作用についても両者心配がないという点からフィンジアもDeeper3Dも品質としては互角の戦いだと思います。

 

しかし、コスパと保証についてはフィンジアとDeeper3Dを比較した場合には圧倒的にフィンジアの方が優れているということがわかります。実際、フィンジアとDeeper3Dでは成分にそこまで大きな違いはないのに圧倒的にフィンジアの方が人気が高いようです。