MENU

フィンジアの効果が出るの期間の目安はどれぐらい?

フィンジアの口コミサイトを見ているとたまに見かけるのが『使って一カ月目で効果が実感できました!』とか、『使って3カ月目には地肌が隠れて薄毛が目立たなくなりました!』などの書き込みです。

 

しかし、上記のような口コミ情報は完全にデマで理論的にはあり得ないので信用しない方が良いです。

 

そして、理論的に考えるとフィンジアを使用して効果が出てきたと実感するには最低でも3〜6カ月は経過しないとわからないのです。

 

なぜ、3〜6ヶ月経過しないとわからないのかについて詳しく解説していきます。

 

フィンジアの効果が出るの期間の目安はどれぐらい?

 

フィンジアの効果が最低でも3〜4カ月経過しないと効果が実感できない理由はヘアサイクルに関係があります。ヘアサイクルとはすごく簡単い言うと髪の毛が生えてから抜け落ちるまでのサイクルの事です。

 

通常、髪の毛には成長期・退行期・休止期という3種類の期間が存在し、その3種類の期間を繰り返すことで髪の毛が生え変わります。

 

成長期…(2〜6年)は毛細血管から取り入れられた栄養をもとに毛ぼ細胞が盛んに細胞分裂を繰り返し、髪の毛が成長していく期間。

 

退行期…(2週間)はその細胞分裂が急に衰えて髪の毛の成長が少しずつ衰えていく時期。

 

休止期…(3〜4カ月)は細胞分裂が完全に止まり、髪が成長しなくなって髪の毛が抜けるまでの準備期間です。

 

因みに、薄毛ではない人の成長期は2?6年ですが、薄毛になっている人の場合は成長期が数カ月〜1年とかなり短いです。これは、髪の毛がほとんど成長しない間に抜ける事を意味します。また、退行期・休止期の期間については薄毛の人も抜け毛の人も同じです。

 

つまり、AGAの人も健康的な頭皮の人も髪の成長期以降の後退期〜休止期の髪の毛の成長が止まって抜けるまでの期間は最低でも3〜4カ月はかかることになります。

 

という事は、新しく生えてきた産毛が最低でも3〜4カ月以上成長し続けなければ髪の寿命が延びて育毛できたとは言えないという事なのです。

 

フィンジアの育毛効果が出ているサインとは?

 

フィンジアを使用して、以下のような事を感じたら育毛効果が表れ始めていると考えて良いと思います。

 

髪にハリとコシが出てきた。

 

髪を触った時にいつもより反発力がある。

 

髪が太く硬くなった。

 

髪の毛がセットしやすくなり、又、キープ時間が長くなった。

 

髪にボリュームが出てきた。

 

分け目が目立たなくなった。

 

細く短い抜け毛が減った。

 

上記のような事を実感した場合にはフィンジアの育毛効果が少しずつ表れ始めている可能性があります。目に見えたハッキリとした効果を期待してしまいがちですが、実際にはそんなにすぐに目に見えた効果を実感する事はできません。

 

これはフィンジアに限らず、他の育毛剤についても同じ事がいえます。

 

髪の毛は1日に50〜100本抜けると言われているのですがこれは髪の毛全体の0.1%です。つまり、1年で換算すると18000本〜36000本髪の毛が生え変わる事になります。これの中の半分の髪だけでも成長期が少し伸びるだけで髪の毛は9000〜18000本多くなるという事になり、結果として薄毛が少しずつ改善して行くという事になるからです。

 

これが一ヶ月であれば、仮に成長期が伸びて半分抜け毛が減ったとしても750〜1500本しか増えず、髪の毛全体の1.5%しか変化がないのです。せめて3〜4カ月使用することで髪全体の5%ぐらいに変化が出てくるので、育毛効果が実感できるのはそれぐらいからだと思います。

 

⇒フィンジアの最安値を知りたい方だけコチラ