MENU

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

 

キャピキシルは医学的根拠に基づく発毛効果が認められていたミノキシジルと比較しても申し分のない効果があるいわれ、育毛業界ではかなり期待されている成分です。

 

そして、中にはキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるとまで言われるケースも少なくありません。しかし、それは本当なのでしょうか?それであればキャピキシルという成分の知名度がもっと高くてもいいようなきもするのですが・・・。実際、ネット上ではキャピキシルについて徹底的に調べて解説しているサイトがなかったのでその効果や副作用の信ぴょう性は低いと感じました。そこで、当ブログではキャピキシルの発毛効果や副作用について徹底的に調べました。

 

すると、キャピキシルにはミノキシジルのような発毛効果がないことがわかりました。ただし、発毛効果はなかったのですが、育毛効果についてはかなり期待できる成分なので、頭皮に髪の毛がない重度の薄毛の人にはほとんど効果がありませんが、頭皮の髪の毛が残っている人には効果がある成分だということがわかりました。

 

 

キャピキシルとはどんな成分?

キャピキシルとはカナダのLucas Meyer Cosmetics社(化粧品およびパーソナルケア業界の革新的な原料を開発、製造、販売するInternational Flavors&Fragrances Inc.(IFF)の事業部門)がまつ毛や髪の育毛成分として開発した成分です。

 

成分はビオカニンAを多く含む『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』という成分を組み合わせることによってできており、Lucas Meyer Cosmetics社はキャピキシルの実験データもしっかりと公表しています。

 

アカツメクサ花エキスとは?

 

アカツメクサ花エキ

アカツメクサ花エキスとはレッドクローバーとも呼ばるヨーロッパ原産のハーブの一種で、昔から喘息やがん、肌の疾患などにも使われてきた馴染のある天然成分です。

 

そして、このアカツメクサ花エキスが近年なぜ育毛に効果的であると見直されてきたかというと、アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンに関係があります。

 

イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをするので薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを生成する5αリゼクターゼを抑制して、薄毛の原因を根元からブロックしてくれます。

 

アセチルテトラペプチド3とは?

 

アセチルテトラペプチド-

アセチルテトラペプチド3とは4種類のアミノ酸を人工的に組み合わせて作ったアミノ酸分子のことで、細胞修復作用がとても強いことが立証されています。

 

細胞修復作用をケガをした場合の皮膚を例に出してわかりやすく説明します。ケガをするという事は細胞が破壊されたことになります。破壊された細胞が元の状態に戻ろうとかさぶたを作り、やがては元の肌に戻ります。これが細胞修復作用です。

 

アセチルテトラペプチド3はこの細胞修復作用が高いので、老化した頭皮や毛ぼ細胞の修復を行い育毛を促進してくれます

 

キャピキシルの効果を研究データで検証

キャピキシルを開発したLUCSMEYER社の公式ページで掲載されている『CAPIXYL Anti-AgingHair Care Complex』ではキャピキシルの効果に関する研究データを公表されていました。

 

ただし、内容が英語で書かれているのと専門用語も頻出しており、直訳するだけではかなりわかりにくいので、LUCSMEYER社の公表しているキャピキシルの効果に関するデータを出来るだけ分かりやすくまとめてみました。以下、キャピキシルに関する比較試験の検証結果をまとめました。

5αリダクターゼの抑制作用に関するデータ

キャピキシル5αリゼクターゼの抑制作用

薄毛の一番の原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種が大きく関係しています。ジヒドロテストステロン(DHT)は、ヘアサイクルを短縮し、徐々に髪の毛を細く短く変化させて、最終的には脱毛を引き起こさせます。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンという男性ホルモンに対して5αリダクターゼが働きかけることにより生成されるのですが、キャピキシルはその5αリゼクターゼを抑制する働きがあります。

 

つまり、キャピキシルの効果によって5αリダクターゼを抑制することで、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成量を減らし、抜け毛を減らす働きがあります。

 

そして上図の比較試験では5αリゼクターゼ抑制成分として有名なEGCG(通称:エピガロカテキンガレート、茶に見られる有力な抗酸化物質)と、キャピキシルの成分であるビオカニンAの5αリゼクターゼの抑制作用を比較しています。

 

結果はEGCGの5αリゼクターゼの抑制作用は5〜11%に対して、ビオカニンAの5αリゼクターゼの抑制作用は64〜93%と圧倒的に高い数値が出ています。

 

抗炎症作用に関するデータ

キャピキシル抗炎症

次に頭皮の抗炎症作用に関するデータについて解説します。頭皮の炎症によって引き起こされる頭皮の損傷がある場合、普通であれば育毛の為に使われるはずであった栄養分が炎症部の修復に使われてしまい、髪の毛の成長に支障がでます。

 

そこでキャピキシルの抗炎症作用によって、頭皮の炎症を抑えることで頭皮環境を整え、薄毛を改善する働きがあります。

 

通常の頭皮の炎症に比べてアカツメクサ花エキスを単体で使用した場合、0.5%濃度のモノでは11%、1%濃度のモノでは20%も炎症を軽減させることができるという検証データが出ています。次に、キャピキシルを使用したん場合には、通常の炎症に比べて0.5%濃度のモノでは33%濃度のモノでは48%も炎症を軽減することができる。

 

つまり、アカツメクサ花エキスを単体で使用した場合でも抗炎症作用はありますが、アカツメクサ花エキスを配合したキャピキシルとして使用する方が更に抗炎症作用は強いと言えます。

 

コラーゲン・タンパク質の生成に関するデータ

キャピキシルコラーゲンタンパク質

健康な毛乳頭はコラーゲンや良好なタンパク質により毛根の周りを細胞でしっかりと固定されています。逆に言うと、質の悪いコラーゲンやタンパク質で毛根が囲まれている場合には、髪は最終的には活力を失い、抜けやすい髪の毛になってしまいます。

 

そして、抜け毛のサイクルが次第に短くなり、結果細く短い髪の毛ばかりになってしまします。つまり、健康な髪の毛には良質なコラーゲンとタンパク質を生成する必要であり、毛乳頭にあるタンパク質の生成を向上させることで、抜けにくい髪の毛を作ることが出来るのです。

 

キャピキシルを使用するのと何も使用しない場合に比べてコラーゲンの生成量は+65アップ、タンパク質の生成量は+285%もアップしています。という事は、キャピキシルを使用することでコラーゲンや良質なたんぱく質を生成し、抜けにくい髪の毛になるというわけです。

 

キャピキシルの効果検証データに関するまとめ

キャピキシルの上記の検証データについてまとめると以下のようになります。

男性型脱毛症の一番の原因である5αリダクターゼの抑制効果が高い。
頭皮の炎症を抑えて頭皮環境を抑制し、薄毛を改善する働きがある。
良質なコラーゲンとたんぱく質を生成し、抜けにくい髪の毛を作る効果がある。

 

これがキャピキシルの開発メーカーであるLUCSMEYER社が公表しているキャピキシルの検証データです。

 

この検証データを見ると、確かにキャピキシルには薄毛への効果はかなり期待できる成分だという事はわかります。しかし、それは発毛効果ではなくあくまでも抜け毛を減らして育毛を促進する効果であって発毛効果については触れられていません。

 

では一体なぜ、キャピキシルにはミノキシジルの3倍の発毛効果があると噂されるようになったのでしょうか?

 

キャピキシルがミノキシジルの3倍の発毛効果があると噂される理由とは?

ミノキシジルキャピキシル比較

キャピキシルにミノキシジル3倍の発毛効果があると噂される理由はおそらく、Lucas Meyer Cosmetics社が以前に公開していた上記の試験結果のデータの結果が原因だと思います。

 

試験データを確認してみると、確かにキャピキシルがミノキシジルの3倍の数値を出しています。しかし、ここには幾つか疑問点あります。

 

@人の頭皮で実験していない

比較データ画像の冒頭にある『vivo』とは『試験管内で』と意味です。試験管や培養器などに人の細胞を用いて体内と同様の環境を人工的に作り出して行われた実験の場合に『vivo』と記載されます。

 

つまり、この実験は培養(細胞や組織の一部を人工的な環境下で育てること)された細胞をつかって実験されており、実際に人の頭皮で起こった結果ではないので、実際に頭皮で同等の結果が出るかはわかりません。

 

A3倍の数値の意味

試験結果のタイトルに記載されている『hair growth activity of the treatment compared to untreatment hair』を和訳すると『未治療の毛髪と治療を行った毛髪の発毛活性度を比較』となります。

 

つまり、何も使用していない髪の毛とミノキシジル・アセチルテトラペプチド3を使用した髪の毛の毛ぼ細胞の活性度を比較しています。

 

その結果を見ると、確かにアセチルテトラペプチド3の数値がミノキシジルの3倍の数値を示しています。

 

しかし、これはあくまでも毛母細胞の活性度に限った数値であり、発毛効果に直結するものではありません。だから、キャピキシルはミノキシジルの3倍の発毛効果があるとは言い切れないと思います。

 

B現在はその試験データを公表していない

この試験データはキャピキシルが販売されて間もないころに公表されていたデータで、現在はそのデータは掲載されていません。どういう理由で掲載するのを辞めたのかは分かりませんが、『ミノキシジルの3倍の発毛効果』という言葉だけが独り歩きしてしまい、公的機関から掲載を辞めるように指導があったのかもしれません。

 

もし、仮に本当にキャピキシルにミノキシジルの3倍の発毛効果があるのであれば、もっと大々的にデータを公表して宣伝するのが普通だと思うのですが、そうでないという事はやはりキャピキシルにミノキシジルの3倍の発毛効果がないと言っていいでしょう。

 

キャピキシルにミノキシジルのような副作用はあるのか?

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

キャピキシルは上でも述べたようにミノキシジルの3倍の発毛効果があると噂れれているので、副作用についてもミノキシジルと同じように心配している人が多いです。確かに、ミノキシジルと同等の強い作用があるのであれば副作用の心配をしてしまうのは当たり前です。

 

しかし、ミノキシジルにはそのような心配はありません。というのも、LUCSMEYER社の公式ページでしっかりと『副作用がない』と断言されているのです。

 

上の画像はLUCSMEYER社の公式ページに記載されてトピックスなのですが、画像の一番最後の部分に『without causing side effects.(副作用なしに)』と記載されています。育毛剤のように副作用で人体に影響を与える危険性がある場合には、その副作用についての危険性を注意喚起する必要がありますが、キャピキシルの場合は開発メーカーがはっきりと副作用がないと言い切っているので間違いなく副作用はないと言えます。

 

因みに、キャピキシルはアカツメクサ花エキスという天然植物成分と4種類のアミノ酸から構成されたアセチルテトラペプチド3をミックスした成分の総称です。つまり、分かりやすく言うとキャピキシルは天然成分とアミノ酸を混ぜたものなのでミノキシジルのような医薬品に見られる副作用は一切ないということは、生成されている成分からも明確です。

 

キャピキシル配合の育毛剤を比較

キャピキシルに発毛効果はありませんが育毛効果についてはかなり期待が持てる成分でだと言えます。ただし、まだまだ、開発されて間もない成分という事もあってキャピキシル配合の育毛剤はあまり種類がありません。

 

そこで、キャピキシル配合の育毛剤を一覧表と分布図で比較したいと思います。

 

商品名

フィンジア ボストン Deeper3D ザスカルプ5.0C
公式サイト

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

内容量 50ml 60ml 80ml 60ml
単品価格 12,800円 14,800円 15,000円 14,100円
定期コース価格 9,980円 12,800円 10,000円 13,360円
主成分 キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン キャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン キャピキシル、センブリエキス、グリチルリチン酸2K キャピキシル、リデンシル、成長因子
返金保障

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

30日間

180日間

60日間

14日間

 

キャピキシルは発毛効果なし!効果と副作用を徹底解説

 

キャピキシル配合の育毛剤一覧表と分布図で一目見てもらえればわかるのですが、やはり一番おすすめなのがフィンジアです。そして、ザスカルプ5.0CとDeeper3Dについてはコスパで選ぶか効果の期待度で選ぶかの基準で変わってくるとは思うのですが、ボストンスカルプエッセンスについてはおすすめしません。

 

一見、全額返金保証期間が3ヵ月と長いのですが、最初の1本だけの返品対応なので180日あってもあまり意味がないですし、単品購入でしか対応していななど効果・コスパ・サービス面では他の育毛剤にかなり見劣りますね。