MENU

徹底的に調べて分かったキャピキシルの効果と副作用の真実

キャピキシル効果

 

キャピキシルは医学的根拠に基づく効果が認められていたミノキシジルと比較しても申し分のない効果があるとされ、育毛業界ではかなり期待されている成分です。

 

そして、中にはキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるとまで言われるケースも少なくありません。しかし、それは本当なのでしょうか?ネット上ではキャピキシルについて徹底的に調べて解説しているサイトがなかったのでその効果や副作用の信ぴょう性は低いと感じました。だから、当ブログではキャピキシルについて日本一詳しく徹底的に調べてキャピキシル育毛剤の効果や副作用について解説したいと思います。

 

 

キャピキシルとはどんな成分?

キャピキシルとはカナダのLucas Meyer Cosmetics社(化粧品およびパーソナルケア業界の革新的な原料を開発、製造、販売するInternational Flavors&Fragrances Inc.(IFF)の事業部門)がまつ毛や髪の育毛成分として開発した成分です。

 

成分はビオカニンAを多く含む『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』という成分を組み合わせることによってできており、Lucas Meyer Cosmetics社はキャピキシルの実験データもしっかりと公表していました。

 

アカツメクサ花エキス

 

アカツメクサ花エキ

アカツメクサ花エキスはレッドクローバーとも呼ばるヨーロッパ原産のハーブの一種で、昔から喘息やがん、肌の疾患などにも使われてきた馴染のある天然成分です。

 

そして、このアカツメクサ花エキスが近年なぜ育毛に効果的であると見直されてきたかというと、アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンに関係があります。

 

イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをするので薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを生成する5αリゼクターゼを抑制して、薄毛の原因を根元からブロックしてくれます。

 

アセチルテトラペプチド3

 

アセチルテトラペプチド-

アセチルテトラペプチド3は4種類のアミノ酸を人工的に組み合わせて作ったアミノ酸分子のことで、細胞修復作用がとても強いことが立証されています。

 

細胞修復作用をケガをした場合の皮膚を例に出してわかりやすく説明します。

 

ケガをするという事は細胞が破壊されたことになります。破壊された細胞が元の状態に戻ろうとかさぶたを作り、やがては元の肌に戻ります。

 

これが細胞修復作用です。アセチルテトラペプチド3はこの細胞修復作用が高いので、老化した頭皮や毛ぼ細胞の修復を行い発毛を促進してくれます

 

LUCSMEYER社が考えるキャピキシルの育毛効果とは?

LUCSMEYER社

キャピキシルを開発したLUCSMEYER社は薄毛の原因についてどのように考え、又、どのような作用があるからこそキャピキシルを推奨しているのでしょうか?

 

実際に多くの口コミサイトではキャピキシルを推奨しているものの一体どんな効果があるかはハッキリと記載されていません。

 

そこで、実際にLUCSMEYER社の公式ページで掲載されている『CAPIXYL Anti-AgingHair Care Complex』や研究データが公表されているので日本語に和訳して、キャピキシルの情報を徹底収集してみました。

 

CAPIXYL Anti-AgingHair Care Complexの内容とは?

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
CAPIXYLアンチエイジングケアコンプレックス
赤いクローバーエキスと組み合わせたバイオミメティックペプチド 〜 より強くて厚い毛髪やまつ毛の場合〜

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】

 

Capixyl(商標)は、赤色のクローバー抽出物と組み合わせた生体模倣ペプチドの革新的な複合体である。 これは、脱毛の主な原因を抑制し、より強くしっかりとした髪を提供します。

 

■毛成長サイクル
私たちの生活の中で髪の毛の重要性を軽視することはできません。 男女が髪の毛を失うと、自然で若々しい外観は失われてしまいます。 、健康な髪を失った人々は自尊心と自信を失ってしまいます。 男性型脱毛症とも呼ばれる脱毛症は、男女ともに共通の問題です。

 

正常な毛包は、健康な結合組織および真皮乳頭に囲まれ、炎症または酸化ストレスはほとんどありません。しかし、 脱毛症患者は、ほとんどの場合、ジヒドロテストステロン(DHT)ホルモンの増加、毛包を取り囲む結合組織の完全性の喪失、および頭皮における炎症プロセスおよび酸化ストレスの増加によって育毛サイクルが乱されることになり、結果、 年齢とともに、頭皮内の毛嚢の数およびサイズの減少は、より薄い髪および脱毛の増加にもつながってしまいます。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
■ペプチドと赤いクローバーエキスの合成作用
Capixyl TMは、ビオカニンAに富む赤いクローバー抽出物と組み合わせた生体模倣ペプチド(アセチルテトラペプチド-3)である。

 

Capixyl TMの効力は、その2つの成分の相乗作用に基づきます。 CapixylTMは、ヘアサイクルのミニチュア化を防ぐのに役立ち、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5-α-レダクターゼに対する直接作用をし抑制する働きがあります。 毛乳頭のECMタンパク質の完全性を向上させ、より良い毛髪定着をもたらし、炎症によって引き起こされる損傷を軽減し、より完全で、より太く、健康的な髪を提供します。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
■薄毛の原因を突き止める

 

・炎症の減少
IL-1aは、ヒト線維芽細胞における炎症過程を模倣し、炎症誘発性サイトカインであるIL-8を誘導する。

 

Capixyl(登録商標)は、赤クローバー抽出物単独と比較して相乗作用で前炎症性サイトカインを減少させるのに役立つ。

 

・5-αリゼクターゼ活性を介したDHT抑制
DHTは、テストステロンに対する5-αリゼクターゼの作用によって形成されます。 DHTは、成長サイクルを短くすることによって脱毛を引き起こし、漸進的により短い細かい毛髪を生成します。 これは、よく知られた5-aレダクターゼ阻害剤EGCG(茶に見られる有力な抗酸化物質であるエピガロカテキンガレート)と比較して、Biochanin Aが5-αリゼクターゼ活性を阻害する能力の研究である。

 

ビオカニンAは5-αリゼクターゼ活性を阻害する。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
ECMの更新とアンカーの改善
毛包のサイズは次のように決定されます。
- 真皮乳頭の体積。
- 細胞外マトリックスの体積。

 

健康な真皮乳頭は、タイプIIIのコラーゲンなどの良好なECMタンパク質およびラミニンおよびコラーゲンVIIなどのアンカーリング繊維を生成し、これは球周囲組織の良好な毛髪固定に有効です。 不適当なECM更新の場合、最終的には髪の活力に欠け、薄くなります。 その後のヘアサイクルは卵胞は小さくなり、最終的には小型化して倒れます。

 

プロリンはコラーゲンのアミノ酸構成成分であるため、新たに合成されたコラーゲンの良好な指標となる。

 

アセチルテトラペプチド-3は、より良いECMの完全性のためにコラーゲン産生を刺激し、より良好なアンカーをもたらします。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
線維芽細胞上のアセチルテトラペプチド-3によって誘導されるラミニン、III型コラーゲン合成の定量。 これらのECMタンパク質の刺激に対して活性を有する分子は、毛包のサイズを増大させ、毛髪の定着を改善することが実証されている。

 

アセチルテトラペプチド-3は、真皮乳頭細胞外マトリックスタンパク質を刺激し、したがって、毛包を取り囲む構造に直接的な影響を及ぼす。

 

コラーゲンVIIは、固着原線維の主成分であり、乳頭周囲の基底膜(DEJ)に位置する。 この実験では、コルチコイドを用いて毛乳頭細胞増殖およびECMタンパク質の減少を誘導する。

 

アセチルテトラペプチド-3には、ヘア固定を支援し、真皮 - 表皮接合部レベルでの修復効果を提供します。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
毛の長さを改善する
成長期のヒト毛包を皮膚バイオプシーから単離し、アセチルテトラペプチド-3の存在下または非存在下で8日間培養する。

 

アセチルテトラペプチド-3は、8日間の処理後に未処理領域と比較して35%の長さの改善を示す。

 

Capixyl(登録商標)は、プラセボと比較して休止期の毛髪密度の強い減少を誘導する。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】
提供するフルーラーとティッカールッキングヘア
テストプロトコル
- アンドロゲン性脱毛症の男性30人:15人がCapixyl TMローション(5%)で治療され、15人がプラセボで治療された。
- CapixylTMローションまたはプラセボの20滴を4ヶ月間毎日塗布する。 - デジタルトリコグラム(TrichoScan professional)をD0および4ヶ月後に採取した。

 

Capixyl(登録商標)は、プラセボと比較して、発毛体密度の目に見える増加を誘発する。

 

A / T比=活性化毛包のパーセンテージの指標である発育期および休止期の毛の数の比較。

 

Capixyl(登録商標)は、プラセボの-33%の減少と比較して、A / T比を46%増加させる。

 

【日本一詳しい】キャピキシル育毛剤の効果と副作用の真実

【和訳】

 

Capixylは革新的で強力な化粧品成分で、よりいっそう厚く、より健康的に見える髪を提供します。

 

 

■特長とメリット

特徴 メリット
独特のコンビネーション:植物活性を有するペプチド 安定していて、作業しやすく、パフォーマンスが良い
相乗作用メカニズム 脱毛に影響を与えるすべてのパラメータに作用する
高い有効性 低投与量(0.5%から開始)
基準分子よりも優れた有効性 より速い結果を提供
臨床的に証明された より厚くてフルーティな毛髪を提供します

 

■抗脱毛剤

材料 化粧品成分の国際的表示名称

A
  リン酸ナトリウム
  クエン酸


リン酸ナトリウム
クエン酸

qsp
1.117
0.715

B ティノガードQ

 

 UCON 50-HB-3520
 ミラシルDMCO
 Capixyl

 

 

 エタノール

トリス(テトラメチルヒドロキシピペリジノール)クエン酸塩
UCON 50-HB-3520
PEG / PPG - 22/24ジメチコーン
ブチレングリコール、水、デキストラン、アセチルテトラペプチド-3、トリコリウムプラムセンス(クローバー)フラワーエクストラクト
アルコール

0.025

 

0.50
0.50
5.00

 

 

20.00

C Eumulgin HPS

 

 

 パフュームネヴァ

Coceth-7(および)PPG-1-PEG-9ラウリルグリコールエーテル(および)PEG-40水素化ヒマシ油
香り

0.60

 

0.10

結局のところ資料を簡単に言うとどういう事?

これまでLUCSMEYER社が公表しているキャピキシルについてのデータを解説してきましたが内容が難しくてチンプンカンプンで、結局のところ『キャピキシルはどういう効果があるの?』と思っているのではないでしょうか?

 

正直、私も調べているうちに『ん?意味がわからない!』と思う点が多々ありました。そこで、LUCSMEYER社の公表しているデータをわかりやすくまとめてみました。

LUCSMEYER社が考えるキャピキシルの薄毛へのアプローチ

薄毛の一番の原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種が大きく関係しています。ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンに対して5αリゼクターゼが働きかけることにより生成されるのですが、キャピキシルはその5αリゼクターゼを抑制する働きがあります。

 

又、その他にも毛乳頭にあるECMタンパク質の生成をを向上させ、より健康的な髪の毛を維持したり、炎症によって引き起こされる頭皮の損傷を軽減し、薄毛を改善する働きがあります。

 

以下、キャピキシルに関する比較試験の検証結果をまとめました。

 

抗炎症比較試験

 

キャピキシル抗炎症

 

通常の頭皮の炎症に比べてアカツメクサ花エキスを単体で使用した場合、0.5%濃度のモノでは11%、1%濃度のモノでは20%も炎症を軽減させることができる。次に、キャピキシルを使用したん場合には、通常の炎症に比べて0.5%濃度のモノでは33%濃度のモノでは48%も炎症を軽減することができる。

 

つまり、アカツメクサ花エキスを単体で使用するよりも、アカツメクサ花エキスを配合したキャピキシルとして使用する方が抗炎症作用は強いといえる。

 

5αリゼクターゼの抑制作用

 

キャピキシル5αリゼクターゼの抑制作用

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンに対する5αリゼクターゼの働きによって生成されます。ジヒドロテストステロン(DHT)は、ヘアサイクルを短縮し、徐々に髪の毛を細く短く変化させて、最終的には脱毛を引き起こさせます。

 

そして上図の比較試験では5αリゼクターゼ阻害剤として有名なEGCG(エピガロカテキンガレート、茶に見られる有力な抗酸化物質)と、ビオカニンAの5αリゼクターゼの抑制作用を比較しています。

 

結果はEGCGの5αリゼクターゼの抑制作用は5〜11%に対して、ビオカニンAの5αリゼクターゼの抑制作用は64〜93%と圧倒的に高い数値が出ています。

 

コラーゲン・タンパク質の生成比較

 

キャピキシルコラーゲンタンパク質

 

健康な毛乳頭は、コラーゲンや良好なタンパク質しより毛根の周りを細胞でしっかりと固定されています。質の悪いコラーゲンやタンパク質で毛根が囲まれている場合には、髪は最終的には活力を失い、次第に髪の毛が抜けてしまします。

 

そのサイクルが繰り返されることでヘアサイクルが次第に短くなり、結果細く短い髪の毛ばかりになってしまします。つまり、健康な髪の毛には良質なコラーゲンとタンパク質を生成する必要があるのです。

 

キャピキシルを使用すると何も使用しない場合に比べてコラーゲンの生成量は+65アップ、タンパク質の生成量は+285%もアップしています。

 

LUCSMEYER社が公表するキャピキシルのデータのまとめ

 

キャピキシルエンブレム

LUCSMEYER社が考える育毛の大きな原因は@頭皮の炎症A5αリゼクターゼBコラーゲン・たんぱく質であり、そのすべてにおいてキャピキシルは他の成分よりも有効な実験数値を表しているので育毛に効果的だといえるという意見になります。

 

 

ただし、これはあくまでもキャピキシルを開発したメーカー側の主張であって、実際にはどこまでそのデータや情報・噂に信ぴょう性がるのでしょうか。さらに詳しくキャピキシルについて調べてみました。

 

キャピキシルの噂や情報の真相は?

キャピキシルの情報を調べるなかで、以下のような噂・情報が出てきました。どれも興味深い内容なので1ずつ詳しくウソのなのかホントなのか検証していきます。

 

キャピキシルは副作用がない?

ホント!キャピキシルはアカツメクサ花エキスという天然植物成分と4種類のアミノ酸から構成されたアセチルテトラペプチド3をミックスした総称です。

 

つまり、分かりやすく言うと天然成分とアミノ酸を混ぜたものなのでミノキシジルのような医薬品に見られる副作用は一切ないという結論に達します。

 

キャピキシルに育毛効果はある?

半分ホント!キャピキシルの素であるアカツメクサ花エキスにはイソフラボンが多く含まれており、中でも、ビオカニンAと呼ばれるイソフラボンの一種には男性型脱毛症の原因でもある男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。

 

また、4つのアミノ酸で構成されるアセチルテトラペプチド3は極めて高い細胞修復作用があり、死んでしまった毛根の復活に期待が持たれているからです。

 

ただし、キャピキシルの人体実験での研究データによる育毛効果は認められているわけではないので半分本当で半分嘘だといえます。

 

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果がある?

ウソ!キャピキシルを開発したLUCSMEYER社の試験結果によると、キャピキシルがミノキシジルの3倍の数値を出している試験データが確かに存在します。しかし、ここには幾つか疑問点あります。

 

ミノキシジルキャピキシル比較

 

@人の頭皮で実験していない

 

比較データ画像の冒頭にある『vivo』とは『試験管内で』と意味です。試験管や培養器などに人の細胞を用いて体内と同様の環境を人工的に作り出して行われた実験の場合に『vivo』と記載されます。

 

つまり、この実験は培養(細胞や組織の一部を人工的な環境下で育てること)された細胞をつかって実験されており、実際に人の頭皮で起こった結果ではないので、実際に頭皮で同等の結果が出るかは疑問です。

 

 

A3倍の数値の意味

 

試験結果のタイトルに記載されている『hair growth activity of the treatment compared to untreatment hair』を和訳すると『未治療の毛髪と治療を行った毛髪の発毛活性度を比較』となります。

 

つまり、何も使用していない髪の毛とミノキシジル・アセチルテトラペプチド3をしようした髪の毛の毛ぼ細胞の活性度を比較しています。

 

その結果を見ると、確かにアセチルテトラペプチド3の数値がミノキシジルの3倍の数値を示しています。

 

しかし、これはあくまでも毛母細胞の活性度に限った数値であり、育毛効果に直結するものではありません。だから、キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があるとは言えません。

 

Bメーカーサイドの発表

 

この試験データはあくまでもキャピキシルを開発したメーカー側の発表データであって、実際に他のデータが出ているわけではないのである程度の信ぴょう性はあるにしても、都合のいいデータを公表しているに過ぎません。

 

 

まとめ
以上の点から、キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果はないけれど、強力な抗炎症作用を持ち、5αリゼクターゼの働きを抑制してくれ、副作用のない優れた成分であるといえます。そして、このキャピキシルを配合した育毛剤の中で最も人気なのがフィンジアです。フィンジアにはキャピキシルの他にピディオキシジルというミノキシジルに酷似した成分も含まれており、この成分いついてもミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるので、キャピキシルにミノキシジルの3倍の育毛効果がなかったからと言って、そこまで落胆する必要はありません。

 

 

⇒Next.キャピキシル育毛剤フィンジアの口コミと効果はコチラ