MENU

キャピキシル(Capixyl)の効果や噂の ウソ?ホント?

キャピキシル効果

 

キャピキシルとは?

キャピキシル。とはカナダの化粧品会社(LUCSMEYER社)で開発された新成分で、それまでもっとも育毛に効果的であると医学的根拠に基づく効果が認められていたミノキシジルと比較しても申し分のない効果があるとされ、育毛業界ではかなり期待されている成分です。

 

そして、中にはキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるとまで言われるケースも少なくありません。しかし、それは本当なのでしょうか?ネット上で信ぴょう性が低い情報や噂が飛び交っています。そこでその噂がウソなのかホントなのか調べました。

 

キャピキシルの成分は?

キャピキシルの成分はビオカニンAを多く含む『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』という成分を組み合わせることによってできています。

 

アカツメクサ花エキス

 

アカツメクサ花エキ

アカツメクサ花エキスはレッドクローバーとも呼ばるヨーロッパ原産のハーブの一種で、昔から喘息やがん、肌の疾患などにも使われてきた馴染のある天然成分です。

 

そして、このアカツメクサ花エキスが近年なぜ育毛に効果的であると見直されてきたかというと、アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンに関係があります。

 

イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをするので薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを生成する5αリゼクターゼを抑制して、薄毛の原因を根元からブロックしてくれます。

 

アセチルテトラペプチド3

 

アセチルテトラペプチド-

アセチルテトラペプチド3は4種類のアミノ酸を人工的に組み合わせて作ったアミノ酸分子のことで、細胞修復作用がとても強いことが立証されています。

 

細胞修復作用をケガをした場合の皮膚を例に出してわかりやすく説明します。

 

ケガをするという事は細胞が破壊されたことになります。破壊された細胞が元の状態に戻ろうとかさぶたを作り、やがては元の肌に戻ります。

 

これが細胞修復作用です。アセチルテトラペプチド3はこの細胞修復作用が高いので、老化した頭皮や毛ぼ細胞の修復を行い発毛を促進してくれます

 

LUCSMEYER社が考えるキャピキシルの育毛効果とは?

LUCSMEYER社

キャピキシルを開発したLUCSMEYER社は薄毛の原因についてどのように考え、又、どのような作用があるからこそキャピキシルを推奨しているのでしょうか?

 

実際に多くの口コミサイトではキャピキシルを推奨しているものの一体どんな効果があるかはハッキリと記載されていません。

 

そこで、実際にLUCSMEYER社の公式ページで掲載されている内容や研究データをもとに詳しく調べてみました。

 

LUCSMEYER社が考えるキャピキシルの薄毛へのアプローチ

薄毛の一番の原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種が大きく関係しています。ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンに対して5αリゼクターゼが働きかけることにより生成されるのですが、キャピキシルはその5αリゼクターゼを抑制する働きがあります。

 

又、その他にも毛乳頭にあるECMタンパク質の生成をを向上させ、より健康的な髪の毛を維持したり、炎症によって引き起こされる頭皮の損傷を軽減し、薄毛を改善する働きがあります。

 

以下、キャピキシルに関する比較試験の検証結果をまとめました。

 

抗炎症比較試験

 

キャピキシル抗炎症

 

通常の頭皮の炎症に比べてアカツメクサ花エキスを単体で使用した場合、0.5%濃度のモノでは11%、1%濃度のモノでは20%も炎症を軽減させることができる。次に、キャピキシルを使用したん場合には、通常の炎症に比べて0.5%濃度のモノでは33%濃度のモノでは48%も炎症を軽減することができる。

 

つまり、アカツメクサ花エキスを単体で使用するよりも、アカツメクサ花エキスを配合したキャピキシルとして使用する方が抗炎症作用は強いといえる。

 

5αリゼクターゼの抑制作用

 

キャピキシル5αリゼクターゼの抑制作用

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンに対する5αリゼクターゼの働きによって生成されます。ジヒドロテストステロン(DHT)は、ヘアサイクルを短縮し、徐々に髪の毛を細く短く変化させて、最終的には脱毛を引き起こさせます。

 

そして上図の比較試験では5αリゼクターゼ阻害剤として有名なEGCG(エピガロカテキンガレート、茶に見られる有力な抗酸化物質)と、ビオカニンAの5αリゼクターゼの抑制作用を比較しています。

 

結果はEGCGの5αリゼクターゼの抑制作用は5〜11%に対して、ビオカニンAの5αリゼクターゼの抑制作用は64〜93%と圧倒的に高い数値が出ています。

 

コラーゲン・タンパク質の生成比較

 

キャピキシルコラーゲンタンパク質

 

健康な毛乳頭は、コラーゲンや良好なタンパク質しより毛根の周りを細胞でしっかりと固定されています。質の悪いコラーゲンやタンパク質で毛根が囲まれている場合には、髪は最終的には活力を失い、次第に髪の毛が抜けてしまします。

 

そのサイクルが繰り返されることでヘアサイクルが次第に短くなり、結果細く短い髪の毛ばかりになってしまします。つまり、健康な髪の毛には良質なコラーゲンとタンパク質を生成する必要があるのです。

 

キャピキシルを使用すると何も使用しない場合に比べてコラーゲンの生成量は+65アップ、タンパク質の生成量は+285%もアップしています。

 

LUCSMEYER社が公表するキャピキシルのデータのまとめ

 

キャピキシルエンブレム

 

LUCSMEYER社が考える育毛の大きな原因は@頭皮の炎症A5αリゼクターゼBコラーゲン・たんぱく質であり、そのすべてにおいてキャピキシルは他の成分よりも有効な実験数値を表しているので育毛に効果的だといえるという意見になります。

 

 

ただし、これはあくまでもキャピキシルを開発したメーカー側の主張であって、実際にはどこまでそのデータや情報・噂に信ぴょう性がるのでしょうか。さらに詳しくキャピキシルについて調べてみました。

 

 

キャピキシルの噂や情報の真相は?

キャピキシルの情報を調べるなかで、以下のような噂・情報が出てきました。どれも興味深い内容なので1ずつ詳しくウソのなのかホントなのか検証していきます。

 

キャピキシルは副作用がない?

ホント!キャピキシルはアカツメクサ花エキスという天然植物成分と4種類のアミノ酸から構成されたアセチルテトラペプチド3をミックスした総称です。

 

つまり、分かりやすく言うと天然成分とアミノ酸を混ぜたものなのでミノキシジルのような医薬品に見られる副作用は一切ないという結論に達します。

 

キャピキシルに育毛効果はある?

半分ホント!キャピキシルの素であるアカツメクサ花エキスにはイソフラボンが多く含まれており、中でも、ビオカニンAと呼ばれるイソフラボンの一種には男性型脱毛症の原因でもある男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。

 

また、4つのアミノ酸で構成されるアセチルテトラペプチド3は極めて高い細胞修復作用があり、死んでしまった毛根の復活に期待が持たれているからです。

 

ただし、キャピキシルの育毛効果は医学的な根拠で認められているわけではないので半分本当で半分嘘だといえます。

 

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果がある?

ウソ!キャピキシルを開発したLUCSMEYER社の試験結果によると、キャピキシルがミノキシジルの3倍の数値を出している試験データが確かに存在します。しかし、ここには幾つか疑問点あります。

 

ミノキシジルキャピキシル比較

 

@人の頭皮で実験していない

 

比較データ画像の冒頭にある『vivo』とは『試験管内で』と意味です。試験管や培養器などに人の細胞を用いて体内と同様の環境を人工的に作り出して行われた実験の場合に『vivo』と記載されます。

 

つまり、この実験は培養(細胞や組織の一部を人工的な環境下で育てること)された細胞をつかって実験されており、実際に人の頭皮で起こった結果ではないので、実際に頭皮で同等の結果が出るかは疑問です。

 

 

A3倍の数値の意味

 

試験結果のタイトルに記載されている『hair growth activity of the treatment compared to untreatment hair』を和訳すると『未治療の毛髪と治療を行った毛髪の発毛活性度を比較』となります。

 

つまり、何も使用していない髪の毛とミノキシジル・アセチルテトラペプチド3をしようした髪の毛の毛ぼ細胞の活性度を比較しています。

 

その結果を見ると、確かにアセチルテトラペプチド3の数値がミノキシジルの3倍の数値を示しています。

 

しかし、これはあくまでも毛母細胞の活性度に限った数値であり、育毛効果に直結するものではありません。だから、キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があるとは言えません。

 

Bメーカーサイドの発表

 

この試験データはあくまでもキャピキシルを開発したメーカー側の発表データであって、実際に他のデータが出ているわけではないのである程度の信ぴょう性はあるにしても、都合のいいデータを公表しているに過ぎません。

 

 

まとめ
以上の点から、キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果はないけれど、強力な抗炎症作用を持ち、5αリゼクターゼの働きを抑制してくれ、副作用のない優れた成分であるといえます。そして、このキャピキシルを配合した育毛剤の中で最も人気なのがフィンジアです。フィンジアにはキャピキシルの他にピディオキシジルというミノキシジルに酷似した成分も含まれており、この成分いついてもミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるので、キャピキシルにミノキシジルの3倍の育毛効果がなかったからと言って、そこまで落胆する必要はありません。

 

 

⇒Next.キャピキシル配合育毛剤フィンジアの最安値はコチラ