MENU

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

ここ数年前から育毛業界で話題になっている新成分のピディオキシジル。今では多くの育毛剤やスカルプシャンプーに配合されるようになり、育毛業界の新たな新常識となりつつある育毛成分です。でも、ピディオキシジルという成分を初めて知ったという人には『どんな成分なの?』、『本当に効果があるの?』と疑問に思っていると思います。

 

そこで、ピディオキシジル育毛剤のフィンジアを愛用している私が『ピディオキシジルはどんな成分なのか?』、『ピディオキシジル育毛剤は本当に効果があるのか?』を徹底的に調べてみました。

 

ピディオキシジルとは?

ピディオキシジルの正式名称はKOPYRROL・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドといわれる成分で『ピディオキシジル』と呼ばれているのは日本国内だけのようです。

 

このピディオキシジルは医学的に育毛効果が証明されているミノキシジルの育毛効果を維持し、副作用のデメリットをなくすことで多くの人に使えるような育毛成分として開発された成分です。

 

ピディオキシジルって本当に効果があるの?

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

ピディオキシジルはまだ育毛剤に導入されて間もない成分なので情報はかなり少なく、日本語でピディオキシジルを詳しく解説しているサイトは皆無でした。ただ、ピディオキシジルはアメリカのKumarOrganicという会社で製造されたようで、そのKumarOrganic社の公式サイトでかなり詳しく解説してあったので、そのサイトを翻訳して本当にピディオキシジルは効果があるのかを調べてみました。

 

ピディオキシジルの製品仕様書

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

商品名 KOPYRROL
化粧品成分国際表記名 ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
化学名 6-ピロリジノ2,4ジアミノピリジン、三酸化物
分子式 C6-H13-N5-O
外観 青白い粉末結晶
推奨濃度 1.5%
保存方法 よく密閉された容器に保存

 

ピディオキシジルが髪の毛に与える作用とは?

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

カリウムチャンネルを開く

カリウムチャンネルを開く事で、乳頭細胞の増殖を促進する。

 

失われた髪を再成長させる

毛包を刺激して毛髪を再生する。

 

小胞に栄養を与える

血管を拡張し、栄養素を増加させ、栄養素への酸素供給を増加させる。

 

髪の強さを支える

強力な髪の固定に役立ちます。より強くてやわらかい髪を補強する。

 

ヘアサイクルを最適化する

テロゲン卵胞を成長期までカバーする長い成長期を予測する。AT比率を高める。

 

新しい髪の成長を加速する

新しい毛髪を誘導する根の深い構造で働く。

 

ピディオキシジルの試験結果による有効性は?

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

In-vitro study(試験管内実験)ではNH3t3という線維芽細胞を用いて実験しています。因みに、線維芽細胞が増えることで髪の毛をしっかりと支える頭皮を作ることが出来るようです。

 

線維芽細胞はtolbutamideという成分があることで増殖を阻害されてしまうらしいのですが、ミノキシジルとピディオキシジルを用いることでtolbutamideによる線維芽細胞の増殖阻害をどれだけ抑制することができるかという試験を行ったようです。

 

そして、試験結果はピディオキシジルはミノキシジルを用いた時と同等の効果を発揮し、線維芽細胞増殖阻害を最大濃度の時に58.7%抑制するという試験結果が出ています。

 

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

In-vivo study(生体実験)ではマウスを用いて実験しています。この試験ではマウスに対してミノキシジル0.5%と、ピディオキシジル0.5%を塗布し、実際にどれだけ体毛の量が増えたかを比較しています。

 

そして、実験の結果はミノキシジルよりもピディオキシジルを使用した方が体毛の量が増加していることが試験結果で出ています。

 

上記の試験結果から考えると、ピディオキシジルはミノキシジルと同等、もしくはそれ以上の有効性がある分かります。

 

ピディオキシジルの副作用は?

試験結果より、ピディオキシジルはミノキシジルと同等の効果が期待できる成分であることはわかりましたが、肝心の副作用がミノキシジル以上にあるなら意味はありません。そこで、実際にピディオキシジルの副作用についても試験が行われているようです。

 

試験内容はウサギとモルモットを使用して皮膚や目にピディオキシジルを投与し、ピディオキシジルの有害性を確かめています。

 

ウサギの皮膚に刺激 刺激性なし。
ウサギの目に刺激 刺激性なし。
モルモットの皮膚に刺激 刺激性なし。

 

上記の結果より、ピディオキシジルはミノキシジルのような副作用が起こる刺激性はないという事も実験結果より立証されています。

 

ピディオキシジルの効果とメリットは?

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)育毛剤は効果なし!?

効果 メリット
カリウムチャンネルを開く テロゲンから毛周期の成長因子への移行。期間に沿って成長期を維持する
毛嚢に栄養を与える 血管を拡張し、毛根への栄養素と酸素供給を増加させる
マトリックス細胞の増殖を増加させる 特定の、通常は若い男性の毛嚢の冠に毛根を強く固着させることによって根元から先端まで毛髪を強化する
有用性 男性と女性の両方にとって安全で効果的

 

と、言うことでピディオキシジルを販売しているKumarOrganic社の公式サイトの情報によると、ピディオキシジルは副作用がなくミノキシジルと同等の効果が期待できるうえに、男性と女性の両方に安全で効果的だとなっています。

 

 

育毛剤よりも先にピディオキシジルを配合!?

 

ピディオキシジルまつ毛

実は、このピディオキシジルは育毛剤よりも先にまつ毛美容液に配合されて、その発毛効果が口コミで話題を呼んで大ヒットになりました。

 

女性はマスカラやつけまつげ、エクステンションなどでまつ毛への負担が大きく、まつ毛が抜けて薄くなり悩んでいる人が多いようです。

 

そこに目を付けたのがスカルプシャンプーでおなじみの『スカルプD』です。

 

スカルプDはまつ毛美容液にピディオキシジルをいち早く配合して、その効果が話題となりレビュー件数はなんと24500件以上と爆発的なヒット商品になりました。

 

そして、ついに育毛剤にも配合されることに・・・

 

スカルプDのまつ毛美容液にピディオキシジルが配合されて爆発的にヒットしたのですが、その当時はピディオキシジルが育毛剤に配合されることはありませんでした。

 

中には、まつ毛美容液でこれだけまつ毛が生えるならとまつ毛美容液を頭皮に使用しようと試みた人もいたようですが、まつ毛美容液には緑内障治療液などの成分も一緒に配合れれている為、頭皮が炎症を起こす可能性が高いので使用は避けられてきました。

 

その後に成分の調合や開発が進められてようやくピディオキシジルを配合する育毛剤が市場に出てき始めてきました。しかし、ピディオキシジルはまだまだ出てきて新しい育毛成分なので効果についてのいろいろな噂や情報が飛び交っています。

 

そこで、その情報・噂がウソなのか本当なのかを調べました。

 

ピディオキシジルについての噂はウソ?ホント?

ピディオキシジル

育毛業界内ではかなり注目を集めている成分ですが、まだまだ出てきて間もない成分という事でネット上ではいろいろな情報や噂が飛び交っています。

 

そこで、まだまだ出てきて新しい育毛成分ピディオキシジルの噂についてウソなのか本当なのかを調べました。

 

ピディオキシジルはミノキシジルとそっくり?

ホント!ピディオキシジルとは別名でミノキシジル誘導体と言われ、ミノキシジルにとても良く似た成分で、ミノキシジルの分子配列の一部を別の分子に置き換えたものです。

 

その違いはミノキシジルで五角形だった丸の部分がピディオキシジルでは六角形になっているという違いだけです。化学的に詳しく説明すると環を構成する炭素の数が1つ少ないという事です。

 

ピディオキシジルに副作用はない?

ホント!このピディオキシジルはミノキシジルの有効性を残したまま、デメリットとして挙げられていた副作用をなくしました。

 

ミノキシジルの副作用の原因は『血管拡張作用』にあったのですが、ピディオキシジルはその血管拡張作用を排除することで、ミノキシジル使用者に見られるめまいや頭痛、むくみなどの副作用をなくして、多くの人が使ってもらえるように改良された成分でです。

 

ピディオキシジルはミノキシジルと同じ育毛効果がある?

半分ウソ!確かにピディオキシジルはミノキシジルに良く似た分子構造を持っているので成分として、KumarOrganic社の試験データからもミノキシジルと同じ効果が期待できます。ただし、あくまでもモルモットや試験管で行われた実験結果であり人間の頭皮でミノキシジルと全く同じ育毛効果が立証されている訳ではありません。

 

つまり、実際にはミノキシジルは人体での育毛効果が立証されている点を考えると、ピディオキシジルよりもミノキシジルの方が髪の毛が生える可能性は高いといえます。ただし、ミノキシジルには副作用の危険性がある為、副作用の不安がある人にとってはピディオキシジルを使用した方がいいと言えます。

 

 

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)のまとめ

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)の特徴

 

 ミノキシジルの成分にとても似ている。

 

 ミノキシジルと違い副作用がなく、又、皮膚からの吸収が良い

 

 

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)の効果

 

血行促進

 

 頭皮の老化防止

 

 毛母細胞活性化

 

 薄毛の原因である男性ホルモンの抑制

 育毛・発毛促進

 

 抜け毛予防

 

 髪にハリ・コシ・ボリュームアップ


 

 

ミノキシジルは育毛にもっとも効果的だと言われる成分ですが、副作用の危険性があるために多くの方が使用を控えてきました。しかし、ミノキシジルと同じ育毛効果が期待できる上に副作用がないピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)は今後のますます注目が集まる成分になると思われます。

 

因みに、このピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)を含む一般販売されている育毛剤は現段階では数種類しかないのですが、中でも、もっともピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)を高濃度で配合している育毛剤がフィンジアです。しかも、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)の他にキャピキシルというミノキシジルの3倍の発毛シグナルを発するという試験結果が出ている育毛成分を配合している育毛剤で今注目を集めています。

 

⇒ピディオキシジル育毛剤のフィンジアの体験レビューはコチラ