MENU

チャップアップとフィンジア比較!あなたに合うのはどっち!?

人気No1の医薬部外品育毛剤チャップアップとフィンジアを比較

ネットで掲載されている育毛剤ランキングを見ると漏れなく上位にランクインしている育毛剤が「チャップアップ」です。このチャップアップは育毛の専門医が推奨しているなどのお墨付きをもらっており、その上、定期コースで購入すると永久全額返金保証が付いてくるなどサービス面でも他の育毛剤と比較するとかなり優れている育毛剤です。

 

しかし、その半面ではヤフーやグーグルで「チャップアップ」と検索すると『チャップアップを辞めた理由』とか『チャップアップは効果なし!』などのチャップアップを徹底的に批判している口コミサイトなども色々と出てくるのでアンチも結構多いようです。そこで、チャップアップとフィンジアを様々な独自の観点から比較してみたので、チャップアップとフィンジアのどちらを購入しようか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

 

基本スペック/商品名

チャップアップ

フィンジア

公式サイト

内容量 120ml 50ml
単品価格

/1ml当たり

7,400円/62円 12,800円/256円
定期コース価格 9,090円(サプリセット) 9,980円
主成分 M-034、グリチルリチン、塩酸ジフェンヒドラミン、グリセリン、センブリエキス キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン
サプリの有無
副作用

人気No1の医薬部外品育毛剤チャップアップとフィンジアを比較

アレルギーテストも検査済!

人気No1の医薬部外品育毛剤チャップアップとフィンジアを比較

副作用の心配なし!

返金保障

永久返金保障!

人気No1の医薬部外品育毛剤チャップアップとフィンジアを比較

30日間

 

成分:配合されている成分数はチャップアップの方が多いが、配合されている成分はフィンジア優勢

チャップアップは販売されている育毛剤の中でも配合されている成分がダントツに多い育毛剤で、その数はなんと80種類にも及びます。この中で特に注目すべき成分はセンブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCの3種類の成分です。この3つの成分は厚生労働省からある一定の効果が認められており、これらの成分を配合していることでチャップアップは医薬部外品の育毛剤に分類されています。

 

ただし、この3種類の成分の効果はというとセンブリエキスについては血行促進や毛母細胞の活性化などが期待できますが、グリチルリチン酸とジフェンヒドラミンHCに関しては抗炎症作用しか効果が期待できないので育毛効果が期待できるかと言えば決してそうではないと思われます。また、これらの成分は医薬部外品育毛剤であればたいてい配合されている成分なので配合されている成分として優れているかと言えばそういうわけでもなさそうです。

 

一方、フィンジアに関しては配合されている成分は1/8にあたる10種類しか配合されておらず、成分数としては圧倒的にチャップアップに劣ってしまいます。しかし、フィンジアの注目すべきところは成分数ではなく、配合されている成分そのもので、特にキャピキシルピディオキシジルについては別のページで育毛効果について詳しく書いているのでここでは省略しますが、他の育毛剤にもほとんど配合されておらず、かなり育毛効果に期待が持てる成分です。

 

〇フィンジア−チャップアップ△

 

副作用:チャップアップもフィンジアも副作用の心配はない

続いて、フィンジアとチャップアップの副作用のリスクについて比較していきます。まず、チャップアップについては80種類もの成分が含まれているものの、第三者機関に商品検査を依頼して24時間閉塞パッチテスト、低スティンギングテスト、RIPT(累積刺激性及び感作試験)をクリアしており、副作用のリスクどころかアレルギー反応などのリスクすら限りなくゼロに近いです。

 

一方、フィンジアについても育毛成分の中で最も副作用になる可能性があるミノキシジルと似た成分であるキャピキシルやピディオキシジルが配合されていますが、これらの成分は副作用のないミノキシジルを実現させるために開発された成分であり、副作用がないことが絶対条件として開発されています。実際に私もフィンジアを1年近く使用していますが、頭皮のかゆみや赤みなどが出たことは一度もありませんでした。

 

と、言うことで結論としてはチャップアップもフィンジアも副作用については心配がないといえると思います。ただ、一点気を付けなければいけないのは、両方の育毛剤共に製品の品質を長期間維持するためにアルコールが配合されているという事です。なので、アルコールにアレルギーがある人に関しては使用前に事前にパッチテストをすることをおすすめします。

 

〇フィンジア−チャップアップ〇

 

 

濃度:育毛剤としての濃度にそこまで大差はない

フィンジアに配合されている主成分のキャピキシルとピディオキシジルの濃度はそれぞれ5%と2%と明記されています。フィンジア1本の内容量は50mlなので1本に配合されているキャピキシルの量は2.5ml、ピディオキシジルの量は0.1ml配合されているという計算になります。これを30日間で使用するので1日当たりのキャピキシルの塗布量は0.083ml、ピディオキシジルの塗布量は0.03mlとなります。

 

次に、チャップアップの成分濃度についてですが、こちらはフィンジアのようには成分濃度が記載されていないので独自の方法で算出してみました。まず、育毛剤に配合されている水・アルコールの割合が80%と仮定し、残りの20%を成分数で割ったものを1成分の配合量という形で計算します。チャップアップの内容量は120mlなので配合されている成分の割合は24mlとなり、チャップアップには80種類の成分が配合されているので1成分当たり0.3ml配合されていることになります。これを30日間で使用するので1日あたりの1成分当たりの塗布量は0.1mlとなります。

 

このチャップアップの成分濃度はあくまでも概算であることを考えると育毛剤の成分濃度としては両方共にそこまで大きな大差はないといえます。

 

△フィンジア−チャップアップ△

 

使用感:チャップアップのジェットノズルは液だれ必至

続いて使用感についての比較です。まず、チャップアップについては業界内でもかなり勢いのあるジェットスプレーノズルを採用しており、育毛剤が出る勢いが半端ではありません。頭皮にワンプッシュするだけで水鉄砲で撃たれているかのような感覚で、育毛剤が頭皮に跳ね返って液だれします。特にチャップアップの育毛液はかなり水っぽくてサラッとしているので頭皮に浸透する前に垂れてしまうといったイメージです。

 

しかも、チャップアップの一回当たりの推奨使用量は1回30プッシュとなっているので、30プッシュ吹きかけた後は頭がびしょびしょになってしまい、使用後にドライヤーで髪の毛を乾かす必要があるレベルです。正直言って、髪の毛がびぢょびぢょになるほど一回に大量の育毛剤を掛ける必要はないのではと個人的には思いました。

 

フィンジアの育毛液についてもチャップアップ同様にかなりサラッとした水っぽい感じなのですが、チャップアップ程勢いのあるジェットノズルではないので、ワンプッシュで適量が頭皮に出るといった感じで使いやすいです。又、一回当たりの使用量は5〜10プッシュということで、液だれの心配もないまさに適量です。

 

ということで両方を使用感で比較した結果、フィンジアの方が使いやすいと感じました。

 

〇フィンジア−チャップアップ×

 

匂い:香草かアルコールのようなにおいで人の好みによる

育毛剤の匂いに関して比較していきたいと思います。まず、チャップアップの匂いですが、80種類というたくさんの成分が配合されているせいかかなりいろいろな匂いが混ざった独特な香りがします。中でも、天然成分を多く含んでいるので香草を混ぜたようなにおいが特に強くするようなイメージです。

 

一方、フィンジアについては成分の匂いというよりは配合されているアルコールの匂いが一番強いです。と、言ってもアルコールが大量に含まれているというわけではないのでほんのりアルコールの香りがするぐらいです。

 

匂いに関しては人それぞれに好き嫌いがあると思うので一概には言えないですが、個人的に香草は漢方のようなイメージで私は好きではありません。一方、アルコールの匂いは手を除菌するアルコールスプレーなどでもなじみのある匂いなので不快感はなかったです。

 

△フィンジア−チャップアップ×

 

コスト:ランニングコストに差はほとんどない

チャップアップの育毛ローションを単品で購入した場合にの価格は1本7400円、フィンジアを単品で購入した場合の価格は12800円と圧倒的にチャップアップの方が安くなります。しかし、チャップアップを購入する8割以上の人は育毛ローション+サプリセットの定期コースで購入する人がほとんどで、その価格は一ヵ月9090円となります。

 

一方、フィンジアについても購入者のほとんどが最安値で購入できる定期コースで注文する人が多いので価格はグッと下がって一ヵ月9980円となります。つまり、単品で育毛剤を購入した場合には両者の価格差はかなり大きく開いていたのですが、実際に購入して使用する場面では価格差は900円ぐらいしか変わらなくなります。

 

結論、チャップアップとフィンジアの一ヵ月当たりのランニングコストの差は900円だが、他の育毛剤に比べると月々のランニングコストは高いと感じる。

 

△フィンジア−チャップアップ△

 

総合:成分と使用感でフィンジアが優勢

最後に、成分と濃度、副作用、匂いや使用感、コストをそれぞれ全体的に評価して個人的な感想を交えて分析してみました。

 

まず、どちらの育毛剤の方が効果が期待できるかというと、配合されている成分や濃度から考えるとフィンジアの方が育毛効果が期待できると思います。チャップアップは医薬部外品という面を持っていますが、配合されている成分は目新しいものはなく、他の育毛剤と差別化が出来ていないように感じます。

 

又、使用感やランニングコストの面から考えてもチャップアップがフィンジア以上に優位性がある部分というのはかなり少なく、チャップアップにはかなり分が悪いです。ただ、チャップアップを購入して得られる一番のメリットはというと『永久返金保証』の部分が大きいと思います。フィンジアは30日間しか全額返金保証期間がないのに対して、チャップアップは返金保証期間が無期限という点はかなりメリットがあるのではないでしょうか?

 

ということで、返金保証などのサービス面ではチャップアップに劣るものの、育毛剤そのもので比較するとフィンジアの方が良いと思います。