MENU

フィンジアの髪や頭皮にどんな作用があるの?

フィンジアの髪や頭皮にどんな作用があるの?

 

育毛業界が注目する今話題の新成分を配合している育毛剤フィンジア。そのフィンジアが髪や頭皮にどのような作用があるのかをわかりやすく解説します。フィンジアの髪や頭皮にどのような作用があるかを説明する上で欠かせないのが以下の3大成分です。

 

 キャピキシル

 

 ピディオキシジル

 

 カプサイシン

 

これらの働きをわかりやすく解説します。

 

キャピキシル

キャピキシルとはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3からなり、この二つの成分が組み合わさったものがキャピキシルです。アカツメクサ花エキスにはビオカニンAという成分が多く含まれており、薄毛の原因とも云われる男性ホルモンの働きを抑制します。

 

アセチルテトラペプチド3はダメージを受けた細胞の修復作用があり、衰退してしまった毛母細胞の復活させる働きがあります。

 

⇒キャピキシルの詳しい説明をもっと見る。

 

 

ピディオキシジル

ピディオキシジルは別名「ミノキシジル誘導体」とも言われ、育毛に効果的な成分の中でも1番有名なミノキシジルの分子配列の一部を別の分子に置き換えた成分です。

 

注目すべき点はミノキシジルは皮膚から吸収されにくい事と人によっては頭痛、めまい、かゆみ等の副作用の症状が起こる危険性があるのに対して、ピディオキシジルはそれらのデメリットをなくすことに成功した点です。

 

ピディオキシジルの働きとしてはミノキシジルの効果と同じく結構促進と毛母細胞の活性化による発毛促進を行います。

 

⇒ピディオキシジルの詳しい説明をもっと見る

 

 

カプサイシン

カプサイシンは唐辛子に含まれる成分で、辛いものを食べた時のようなケア穴を広げる効果があります。

 

この毛穴を広げる事によってキャピキシジルとピディオキシジル等の育毛有効成分を髪の根元にまで届ける事で(デートアクセス理論)で育毛成分の効果を最大限に発揮させる働きをします。

 

⇒カプサイシンの詳しい説明をもっと見る

 

 

その他にも育毛に効果的と言わらる成分は多数含まれていますが、上記成分に関しては他の育毛剤にはないフィンジアだけの作用といえます。